粉末タイプのオリゴ糖と、便秘改善について

先ほどオリゴ糖は腸内細菌の様々な健康効果をもたらす善玉菌の餌となり、間接的にさまざまな健康効果に関係していることを説明しました。そのさまざまな健康効果の一つに、便秘の改善もあげられるのです。

なぜ、オリゴ糖によって便秘の改善が起きるのかということを詳しく説明していきたいと思います。先ほどでも説明しましたが、オリゴ糖は食べると、消化がされずに大腸まで届きます。そして大腸まで届いたオリゴ糖は腸内細菌の餌になります。しかし、その届いたオリゴ糖を餌にする腸内細菌は善玉菌だけではないのです。悪玉菌や強いほうの味方になる日和見菌などの餌にもなります。

ほとんどの悪玉菌は酸に弱いために負けてしまいます。そして悪玉菌が弱くなれば、日和見菌がサポートすることにより善玉菌はさらに元気になり、腸内環境が良くなるのです。

さらに、善玉菌がだす酸により、身体は酸をより早く体外へ出そうとして内容物を送り出すためのぜん動運動が活発になります。そして、酸を少しでも薄めようとして、大腸内の水分容量が増えます。これにより内容物が動き、水分で滑りがよくなり、かさましができます。まさに排便のための好都合な条件が整い、オリゴ糖は便秘の改善におおいに役に立つことがわかります。先ほどでも説明しましたが、オリゴ糖を摂取するさいには、高純度の粉末タイプのものを摂取することにより、よりよい便秘改善が見込まれるといえます。